京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2013年01月01日

明けまして、おめでとうございます。



明けまして、おめでとうございます。

昨年は、私たち京都仁丹樂會にとっても、また実物の仁丹町名表示板にとっても、大きな動きがありました。一年を振り返ってみました。


●○● 京都仁丹樂會の一年 ●○●

「基礎講座」のシリーズを一段落させることができました。
仁丹町名表示板が秘める謎に挑む前に、先ずは分かっている事実のみを一から系統立ててまとめた基礎研究です。従来、一部を切り取った単発的な見解は散見されたものの、このようにまとめたものは本邦初だと思っています。
先ずは足元をしっかり固めてから、様々な推理を楽しもうという思いからでした。
ブログとしてはいささか堅苦しかったかとは思いますが、でも、おかげさまで、京都府立総合資料館における「レファレンス事例(Q&A)」にも参考資料として取り上げられ、さらにはそれが国立国会図書館が構築しているレファレンス協同データベースにも登録されました。


「まいまい京都」のガイドも行いました。
仁丹を探しながらの、解説しながらの、まちあるきです。参加者は16名。中には本家本元、森下仁丹株式会社の社員さんもおられ、大いに盛り上がりました。
初めてのガイドで至らぬ点が多々あったのですが、心配とは裏腹に満足度も高かったようでホッとしています。
ただ、定員制のため参加できなかった方も多かったこと、また他のコースに一般参加者として参加したときも意外とみなさん仁丹町名表示板に関心をお持ちの方が多いことを知り、また来季も「まいまい京都」でガイドをさせていただくことになるかもしれません。
なお、会員お手製の「京都仁丹樂會」なるタスキもこの日にデビューしました。


「ローラー作戦」も行いました。
古くから伝わる仁丹町名表示板は、今や一企業の広告の域を超えた京都の文化財、市民の文化財、町内の文化財であり、町内でずっと現役のまま大切にしていただこうと、設置家屋一軒一軒にチラシを投函していくという作業です。
上京区を終了し、他の地域へと展開中です。年々姿を消していくことに何とか歯止めをかけたいと願っています。
この活動は、京都新聞にも紹介されました。


「データベース」の構築もひと段落つきました。
各会員の持つ情報を共有し、活用する取り組みです。
各種データの母数もぐんと増え、そこから得られる各種統計も価値あるものとなりました。
とりわけ、商標が上にあるタイプが特定の学区に集中していることは新たな発見となりました。
引き続き、古写真などからもデータを起こしていきたいと考えています。


●○● 実物の世界では ●○●

家屋の滅失とともに消滅した仁丹はやはり続きました。
また、非常に残念なことですが、家屋はそのままで仁丹だけが消滅、そしてコレクションアイテムとして流出してしまうということもありました。
しかしながら、その一方で、木製仁丹が100年振りに蘇ったり、埋蔵仁丹の復活もいくつか見られました。後者については、もし私たちの活動が契機となったのであれば嬉しい限りです。

それにしても、大切に埋蔵しておられる市民が多いことには驚かされたものです。いかに京都を愛しておられるかの表れでもあるでしょう。あとは現役復帰するのを待つだけです。

ところで、埋蔵仁丹の復活で、とても感激するお話がつい先日あったのです!
近日中に発表します。今しばらくお待ちください。


平成バージョンの仁丹は、残念ながら今年は進展が見られませんでした。
しかし、今年は森下仁丹株式会社創業120周年を迎えます。何か注目すべき嬉しい出来事があればいいなぁと期待しています。



以上が昨年のまとめでした。
何分、公私ともに多忙な会員が多く、なかなかスピード感を出せませんでしたが、研究・啓発・保全活動を今年も精一杯頑張りたいと思います。応援いただければ幸いです。

京都仁丹樂會 shimo-chan

  


Posted by 京都仁丹樂會 at 00:01Comments(7)インフォメーション

2012年12月25日

メンバー紹介&募集  京都仁丹樂會



私たち『京都仁丹樂會』が誕生した経緯や活動については、当ブログ内の「京都仁丹樂會とは」でご紹介していますが、メンバーの紹介や募集については、今までしておりませんでした。
それが方針だったわけではなく、単に目の前の課題を次から次へと片付けているうちに、ついつい後回しになり今日に至ったというだけだったのです。
でも、やはり、何となく“得体の知れないグループ”に見えているのではないかという心配が日に日に増していました。

そこで、一度、メンバーの自己紹介をしようじゃないかということになりました。
現在、当会のメンバーとなっているのは次の9人です。これも募集をした訳ではなく、様々な不思議な“ご縁”でごく自然に集まっただけなのです。



●○● 京都仁丹樂會 メンバー紹介 ●○●


滋ちゃん
『地元の人々はもちろん京都を訪れる人々の道案内を90年の長きにわたってしてくれた町名表示板に一日でも長く生き延びて欲しいの一心で動いています。』
(補足説明)
仁丹探訪歴20年。インターネットが普及していない頃から丹念にまち歩きをしながら、記録し続けておられる当会の代表者的存在です。ブログではあまり発言されませんが、アナログの世界で毎日大活躍しておられます。


ずんずん
『仁丹町名表示板を訪ね歩くようになったのは、2006年に書き始めたブログのネタ探しのため。ほんの出来心でした。それが、縁が縁を呼んで、こんな大事になろうとは…(笑)。
探せば探すほどに、訪ねれば訪ねるほどに、古代中世から近代までの京都の歴史が、
一枚一枚の文字の中に散りばめられていることに驚かされます。その魅力に、今も日々遭遇しています。』

(補足説明)
ご存じ「京都ずんずん」のオーナーです。そのテーマのひとつであった仁丹町名表示板に惹かれて集まった仁丹好きが当会の発足メンバーとなりました。


Shimo-chan
『まちあるきをして度々出会う仁丹町名表示板。公称の住所表示に極めて忠実なので、“ただものではない”と思うようになり、そのうち仁丹町名表示板を探すのがまちあるきの目的になりました。そしてその奥深さにはまり、”単なる看板ではない!京都の文化財だ!”と認識するようになりました。』
(補足説明)
当ブログの運営をずんずんさんとともにやっています。また、当会の事務局的な仕事もしています。


ゆりかもめ
『2004年ごろからデジカメ片手に京都の町をぶらぶらしていて、仁丹の町名表示板に魅せられ撮りためた枚数は800枚を超えました。“京都ずんずん”さんのブログなどで面白さを知りましたが、おりしも仁丹受難時代、みるみる減少していき、あわやというところでこの会ができ、この輪をもっと広げていきたいと思っています。この会の存在意義は大きいです。』
(補足説明)
“ゆりかもめさん”と言えば、当会発足前よりネット界で仁丹町名表示板について幅広く発言、その世界ではカリスマ的存在です。


POOH
『北区にある”上京区”の仁丹、左京区にある”上京区”の仁丹。これが仁丹に興味を持った最初です。上京区の住人にとっては普通にある仁丹の町名表示板、何故かレトロで可愛い奴が気になって2年が過ぎました。』
(補足説明)
根気のいるデータベースの作成や埋蔵仁丹の発掘などマイペースだけど、確実な活動をしておられます。


テント虫
『仁丹の町名表示板には詳しくないですが、保存や啓発活動など何かしら楽しいことをしていきたいです。Facebook yasushi.iwata.71』
(補足説明)
ローラー作戦のチラシや「京都仁丹樂會」のタスキなどを本業の傍らでササっと作ってくださいます。デザインはプロ、心強い存在です。


たけちゃん
『ひょんな事から、琺瑯と貴重な木製の仁丹町名表示板を所有する事になりました。旧京都市の周辺地域の発展に興味があり、仁丹町名表示板との関わりは、まだまだこれから勉強です。』
(補足説明)
ご自宅に木製仁丹のイミテーションを掲げておられたのがきっかけで当会に加入する羽目になってしまいました。資料探索にも活躍、多くの成果をあげておられます。

酒瓮斎(しゅおうさい)
『一が仁丹、二もじんたん、三・四は無くて、五にジンタン。・・・と言いたいのですが、本当のところ、一は御神酒で、二番ささ、三・四は無くて、五が仁丹。・・・という京都仁丹樂會劣等会員です。』
(補足説明)
ブログ「酒瓮斎の京都カメラ散歩」のオーナーです。仁丹町名表示板という共通項で当会にも参加していただいています。バーチャルなブログでも、アナログの現実社会でも精力的に大活躍の両刀使いです。

以上のメンバーが、ゆる~い結ぶ付きで各自それぞれの得意分野で自由に活動しています。
なお、平成の復活プロジェクトに協力された渡文株式会社の渡邉社長は良き理解者であり、例会の会場提供など、私たちの ”名誉会長” 的な存在です。


●○● メンバー募集 ●○●

今までメンバーの募集ができていなかったのは、実は受け皿がしっかりできていなかったという理由からです。募集するからには、加入したらこのような楽しさがあります、このようなことをしてもらいます、など、ある程度明確にしなければなりません。でも、それがあまりないのです。会則もなければ会費も今のところありません。お願いすることはあっても強制することはありません。きわめてゆるい同好会、もしくは同好者のネットワークのようなものなのです。このような状況で募集とはいささかお粗末だと考えていました。

しかし、仁丹が好き、大切にしていきたい、保全活動のために何かをしたい、このような熱い気持ちをお持ちの方ならば、とにかく集まっていただければいいんじゃないかと考えました。
現在の活動内容は、例会を毎月開催し、情報を共有、研究および保全のためにこれから何をするべきかなどを話し合っています。
そして、今、取り組んでいるのが “ローラー作戦” です。仁丹の設置されているお家へ、大切にしてくださいとチラシを入れています。

本来であれば、趣味の世界のことですから、楽しく軽い話ばかりをワイワイとやりたいところですが、保全活動もしようとなると、正直言ってしんどい場面も出てきます。でも、好きだからこその使命感で、各自マイペースでそれを越えて行こうとしています。

このような会ではありますが、よし一緒にやってやろうという方がおられましたら、ご一緒しませんか?
入会ご希望もしくはお問い合わせは、左上にある「メッセージを送る」をご使用ください。


●○● ブログでの発言について ●○●

仁丹町名表示板は多くの謎に包まれています。だからこそ、一方で、いろんな推理を立てて楽しめるのです。そのような推理を会として統一する必要などはなく、会員と言えども各自で自由に楽しめば良いと思っています。

このような趣旨から新しい記事の最初の発言、会としての統一見解、議論の交通整理をする必要があるときのみ、「京都仁丹樂會」名で発言してきました。

つまり、会としてオフィシャルに発言するときは京都仁丹樂会名で、それ以外の個人として楽しむときは各自のハンドルネームを使うことをスタンスとしてきました。

でも、京都仁丹樂會名だけでは堅苦しい印象を与えるので、今後は会としてのオフィシャルな発言をするときでも担当した者のハンドルネームを文責のようなイメージで付加することにしました。

京都仁丹樂會 shimo-chan

  


Posted by 京都仁丹樂會 at 06:03Comments(0)インフォメーション

2012年08月29日

まいまい京都



京都が大好きな人、京都の歴史が大好きな人に、今、静かに、しかし熱く、ブームになっているのが、まち歩きイベント「まいまい京都」です。

その2012秋シリーズに、私たち京都仁丹樂會が仁丹町名表示板のガイドを務めることになりました。

日程はなぜか鉄道記念日の10月14日(日)午前です。

四条烏丸から西本願寺へ向かって、仁丹を探しつつ、ついでにいろんなものを見つけながら歩こうと思っています。

本日から受け付けが始めりました。定員は15名です。

詳しくは、まいまい京都のWebをご覧ください。
          ↑
     クリックでリンクします

  


Posted by 京都仁丹樂會 at 21:08Comments(2)インフォメーション

2012年01月02日

平成24年・新年あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は、様々な方々のご協力やご支援を頂き、誠にありがとうございました。
ゆっくりではありますが、確実に一歩一歩進んで参った一年であったと実感しております。
京都仁丹樂會は、今年もコツコツと、仁丹町名表示板の保護保全と共に、
仁丹町名表示板が京都の町に生きる貴重な文化財であり、
その存在がかけがえの無いものであることを、
地元京都の方々はもちろんのこと、広く啓発し続けていきます。
これからも、仁丹町名表示板に関する様々な情報をお待ちしております。
どんな些細なことでも結構です。
お気軽にお寄せ下さい。
よろしくお願い申し上げます。


  


Posted by 京都仁丹樂會 at 02:05Comments(0)インフォメーション

2011年11月10日

謎の天使突抜六丁目


下京区 袋小路廻ル 天使突抜六丁目


最初にこの写真を見たとき、思考回路がフル回転しました。
そして、コンピューターに例えるならばエラー表示の連発です。
しばらくの間、そのような状況に陥っていました。

なぜならば、
★通り名が小文字で町名が大文字なんて、記載ルールが土台から崩れ落ちる。
★袋小路廻ル? 昔はこういう表現があったのか? 調べなくては・・・
★ところで、いったいどこでいつ撮影されたんだ? しかも3枚も。
★下京區の文字が拙い。何か細工されているんじゃなかろうか。これ本当にホンモノ?
★一丁目から四丁目までは仁丹を確認したが、六丁目は知らない


とまぁ、何秒間ではありましたが、こんな感じで堂々巡りしていたのでありました。

しかし、商標をよくよく見たとき、この無限ループからようやく抜け出すことができました。
この商標、平成の復活バージョンと同じではありませんか。
と言うことは、どうやら模倣品。
でも、一体、誰が何の目的で・・・
冷静になって調べてみると、やはり天使突抜は四丁目までしかなく、六丁目などは存在していませんでした。


さて、種明かしです。

実は、間もなく封切りとなる『天使突抜六丁目』なる映画のためのものでした。
そして、それに協賛した森下仁丹株式会社が上映の映画館に設置するために造った表示板だったのです。
それにしても、非常にリアルではありませんか。

映画『天使突抜六丁目』は、『堀川中立売』に続く、シマフィルムの京都シリーズ第二弾ということで、京都出身の山田雅史監督の作品です。
天使突抜六丁目という地図にない町に迷い込んでしまった者たちの、哀しくも儚い現代の寓話
なのだそうで、天使突抜町の地名から着想を得たということです。

詳しくは、同映画の公式サイトをご覧ください。
          ↓
     http://tentsuki6.jp/index.html

なお、京都では来月12月より京都シネマで公開される予定です。
その際に、この問題の表示板が会場に掲出されるとのことです。
また、前売券購入の方にはこの『天使突抜六丁目』の特製仁丹町名表示板のシールがもらえるとのこと。

それにしても、映画の中で、本物の仁丹は登場するのでしょうか?

(写真は森下仁丹株式会社様からご提供いただきました。ありがとうございました。)




  


Posted by 京都仁丹樂會 at 22:55Comments(0)インフォメーション

2011年11月05日

夜の仁丹詣で



西陣は大黒町にて、「都ライト」なるイベントが今行われています。
町家のライトアップです。

大黒町と言えば、美しく立派な町家に溶け込みながらもその存在をしっかりとアピールしている仁丹町名表示板があります。
また、平成の復活版も設置されています。

ということで、早速、様子を見に行って来ました。
夜の光の中で浮かび上がる仁丹もまた格別なものでした。







なお、このイベントは明日6日(日)までです。
詳しくは、「都ライト実行委員会」 さんのサイトをどうぞ。

ところで、帰り道、ふと夜空を見上げると美しいお月様。
そして、白く浮かび上がる仁丹。
夜の仁丹詣でにハマりそうです。

  


Posted by 京都仁丹樂會 at 09:02Comments(0)インフォメーション