京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2017年09月18日

仁丹樂會リーフレットが図書館の蔵書になりました

 京都仁丹樂會は2012年7月に、仁丹町名表示板(仁丹と略す)の調査・研究ならびに保存活動を紹介するリーフレットを作成し、仁丹を設置されている家屋の皆様にお渡しして、末永く大事に保存されることをお願いするとともに、樂會が主催、協力する各種催しや集会で皆様に紹介して、保存の啓蒙に努めてきました。
 その後、民泊・ゲストハウスの需給沸騰で町屋の改修等が急速に進み、また、仁丹がネットオークションで取引の好対象になったり、さらに残念なことに、盗難、廃棄の増加も相まって、市中の現存仁丹の減少が目立つようになってきました。
 そこで4年後の2016年3月に、状況確認のため、會員全員が市中をくまなく歩いて、現存(=今も家屋に設置されているもの)、埋蔵(=取り付けはされていないが、屋内に保管されているもの)、ならびに消滅(=以前に取り付けしてあったが、現在は不明、消失)した仁丹を1枚1枚調査し、その結果を2016年8月にリーフレットの改訂版(本書と略す)として発行しました。本書はA5版4ページ。旧版の仁丹の歴史背景、樂會活動を全面改訂し、さらに仁丹の種類、設置確認範囲と行政区別枚数(現存数は約680枚。現存数、埋蔵数、消滅数の合計数は約1,400枚)などの今回の新たな調査結果が追記されたことで、学術的な価値が高まったものになりました。

2016年8月発行改訂版:表紙(右)と4ページ(左)

2ページ(左)と3ページ(右)


✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳


 本書は発刊後に、一部は會員を通じて関係各所に配布されましたが、そのような単にリーフレットとして随所で散発的に露出する、ということでは広く市民の目には届きません。そこで、市民の方にいつでも閲覧できるような京都資料、調査資料として活用していただくため、2017年5月、京都市立中央図書館に同主旨を相談したところ、「大変貴重な京都の調査資料である。図書館として保存したい」との回答をいただきました。図書館で蔵書保存するには、寄贈申し込みをして、館内で可否決定と決裁手続きが必要なため、早速、蔵書寄贈手続きを進めました。 手続きをしたのは、京都市立図書館(移動図書館、こどもみらい館を除く)18館と京都府立図書館、京都府立京都学・歴彩館の計20館です。京都市関係は、京都市立中央図書館が18館分の寄贈をまとめて受付をし、各館には京都市立中央図書館から配送していただきました。ただし、各館が蔵書化するかどうかは、各館の独自性に委ねるとのことでした。
 各館への配送、および各館での採否審議が進んだころを見計らい、本年7月から市内20館それぞれに直接出向いて寄贈担当者に資料の重要性を再説明し、保存資料化を改めて依頼しました。
 その結果、9月15日現在、以下の12館で蔵書化され、閲覧が可能になっています。
1 京都市立中央図書館
2 伏見中央図書館
3 右京中央図書館
4 醍醐中央図書館
5 北図書館
6 南図書館
7 西京図書館
8 洛西図書館
9 醍醐図書館
10 岩倉図書館
11 下京図書館
12 京都府立京都学・歴彩館


 市立図書館は他の7館でも現在、決裁手続きを進行中で、NDC分類(=日本十進分類)と請求番号付けが終了次第、随時、閲覧可能となる予定です。京都府立京都学・歴彩館では、旧版(2012年版)がすでに入庫されている関係で、現在、旧版と本書が並架されています。府立図書館では寄贈書が山積している関係で、処理の順番待ちで年内の所蔵化はむずかしいようです。

✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳

 実は、本書の図書館での書名は『仁丹の町名表示板は、今や京都の立派な「文化財」です。これからも大切にしましょう』と、表紙の一部がそのまま書名になった大変長いものです。しかし、図書館での蔵書検索時の入力は、タイトル(書名)は「じんたん」、著者は「きょうと」で充分です。蔵書には当然ながら、「本のラベル(請求番号)」が付いています。この番号は、NDC分類に基づいていて貼付され、本を並べる際の書架分類になっています。ちなみに本書の請求番号は京都市立図書館では「L 291.62 ジ」、京都府立京都学・歴彩館では「K1 624.9 Ky6」となっています。何が違うのでしょうか。

 京都市立図書館のラベルは、
これは、本書は「歴史・地誌に関するもので、京都に関することを書かれた“ジ”から始まる本」、ということを示しています。実に素直な分類です。

 一方、京都府立京都学・歴彩館のラベルは、
 すなわち、本書は「商業広告や宣伝の中にある、企業の商品や広告に関する書き物」、と分類され、本書の内容とはまったく関係のない解釈がなされています。市立図書館のものとはおよそ別物です。図書館によって本書に対する理解度がいかに違うものか、NDC分類からわかるというのは面白い発見です。
どうぞ、お近くの図書館で、いつでも手にとってご覧ください。
masajin
  

2017年05月19日

街で人々の下駄の音を聞くことができなくなって久しい

 先日、京都新聞の「京町家7年で5600軒減」なる記事が目に留まりました。2016(平成28)年度に現存している町家は4万軒ほどで、2008-09年度との比較調査では、年平均800軒のペースで減少しているようです(「京都新聞」2017年5月2日)。
 1996(平成8)年、そんな移りゆく京の町を憂いて、「仁丹の町名表示板の付いた町屋」の展示会を個人で催しました。下記の文はその時の案内文です。懐かしく引っ張り出してみました。

温故知新         於: 烏丸公共地下道 ストリート・ギャラリー

街で人々の下駄の音を聞くことができなくなって久しい。舞妓さんや坊さんは別として。下駄にかわって犬の爪の音がカシャカシャと耳につく。京の道も舗装され土の道がすっかりなくなってしまった。
市電は姿を消し、鴨川沿いに走る京阪電車が地下に潜り、今、地下鉄東西線の完成は秒読みの段階。
京の景観を損なうと大揺れだったホテルも完成。舞台は移り、超高層建築・京都駅の工事に拍車が掛かっている。
好むと好まざるにかかわらず、京の佇まいは「静の町」から「動の町」にかわりつつある。
この京の町の移ろいだけでなく、人々の地道な暮らしをも、巷の説によると古いものは大正の初めから、ずっと何も言わずに見守ってきた「仁丹」の町名表示板。
もし彼らに「京の町」の行く末を尋ねることができたら、きっと「京」の歩むべき正しい道を教えてくれそうな、ふと、そんな気がして。
平成8年11月                井幡 松亭 書
                      立花 滋  写真






その後、縁があって、私と同じように仁丹町名表示板に魅了された仲間が集い、2010(平成22)年に「京都仁丹樂會」が発足しました。その経緯は当會ブログの「京都仁丹樂會とは」もご覧ください。
▼  ▽  ▼  ▽  ▼  ▽  ▼

「町家」の減少に比例して仁丹町名表示板も半減してしまいました。行政がいろいろ町家の保存法を考え、「京の姿」を一日も長く繋ぎ留めようとしているのと並行して、私たちも「仁丹町名表示板」を一企業の宣伝物と捉えずに、一世紀近くに亘り「京」の道案内をしてきたという功績を称え、「京都の文化財」にしたいと考えています。 
京都仁丹樂會 滋ちゃん



  続きを読む

2011年05月01日

京都仁丹樂會とは




 <京都仁丹樂會とは>
 
  ~京都の仁丹町名表示板をこよなく愛し、研究する人たちの集まりです~

 八十有余年もの永い歳月、色褪せることもなく京都のまちを京都のひとを見続けてきた仁丹町名表示板。それは道行く人に住所を教えるだけではなく、京都で生まれ育った私たちオジサンも知らなかったような京都の歴史や素顔もいっぱい教えてくれます。
 「京都仁丹樂會」とは、そんな仁丹町名表示板の奥深さの虜になり、探索と研究を行うことをライフワークにしている人の集まりです。そして、共同作業によりその謎を紐解き、現状を把握し、さらには京都の文化財としての保全活動もしたいと考えています。
なお、法人などではなく、現在のところ単なる同好会、サークルといったところです。




 <誕 生>
 
  ~「京都琺瑯町名看板プロジェクト」で集合、そしてネットワークへ~

 事の始まりは、昨年(平成22年)の夏のことでした。森下仁丹株式会社さんが、“保全と復活を目的”とした「京都琺瑯町名看板プロジェクト」なる活動を開始され、私たちにも地元のファンとしての意見を求められました。そこで、「京都ずんずん」で仁丹町名表示板のことを熱く語っていた当時のアクティブメンバーが急遽集まりました。でも、その時点では単に“マニアの方々”と呼ばれるしかありませんでした。そこで、これを機会に様々な年代、職業、見識を持った人たちが集まったことを生かし、単独の活動からネットワークへと発展させて、“三人寄れば文殊の知恵”的にひとりではできないことをみんなの力を合わせることでやろうじゃないかとなったのです。それが「京都仁丹樂會」の誕生です。
ネーミングについては、あくまでも趣味で楽しんでいることだけれども、研究と言う意味では学術的な手法も採り入れたいという思いから、肩肘張らずに知的に楽しもうじゃないかと学会ならぬ“楽会”としました。字体は現物の表示板に習って旧字体とし、「京都仁丹樂會」となった次第です。




 <活 動>
 
  ~探索、研究、そして保全活動~

京都仁丹樂會の活動内容は次のとおりです。

【その1】 探索と現況確認のフィールドワーク
京都市中ほぼ全域(山中を除く)を私たちメンバーは歩き尽くしましたが、それでも「えっ!」と驚くような発見がいまだに続いています。やはり現場主義のフィールドワークは止められません。新しい発見を求めて、そして現状把握のためにも続けています。

【その2】 共同研究
 当の森下仁丹さんにも資料が残っていないという謎いっぱいの表示板。様々な謎を、系統立てたテーマでみんなの智恵を寄せ合い、より正確なものへと精度を高めて行きたいと考えています。当ブログはそのためのツールでもあります。

【その3】 文化財としての啓発と保全活動
 京都の仁丹町名表示板は、今や一企業の広告の域を越えた「京都の生きた文化財」です。保全のためには、先ずはその価値を市民はもちろんのこと観光客や行政の方々など、ひとりでも多くのひとに認識していただくことが不可欠です。そして、その気持ちが京都の空気となって定着すれば、盗難や市場に売りに出されるといったことへの抑止力にもなると同時に、今は人目に触れることなく大切に保管されている“埋蔵仁丹”も、再び現役復帰するものと期待しています。
このような啓発と保全活動を、順次形にしていきたいと考えています。



 <積極的なご参加を>
 
  ~三人集まれば文殊の知恵 初心者も達人もみんなで考えましょう~

 京都の仁丹町名表示板に関心を寄せる方は昔から数多くおられます。また、今まさに興味を持ち出したばかりの人、これから持つであろう人もおられることでしょう。いずれの時点でも、またどのような世界でも常に先人がいて、一方で駆け出しの人がいるものです。しかし、この仁丹の世界では、何百枚見つけたとか、何年前からやっているとかは関係ありません。人と比較することではなく、自分のために楽しめばよいのです。理由はこうです。
 仁丹を探していると、ついでに色んなものを発見し、感動し、疑問に思い、そして調べて「そうだったのか!」ともう一度感動します。仁丹の探索活動はその繰り返しなのです。そして、いつしか京都の歴史・文化・伝統・産業はもちろん、その町内の様子など本当に多くの分野にまで目を向けるようになっていることに気付きます。このように何と言っても奥深い仁丹、1枚の仁丹を通じてどれだけ掘り起こせるかは人それぞれです。発見した枚数とそこから読み取った内容や量が比例しているとは限りません。それぞれが、色んなことに思いを馳せながら、マイペースで京都を楽しむ、それが京都の仁丹町名表示板の楽しみ方であり醍醐味なのです。そして、これで完了というゴールはどうやらなさそうであることを、私たちは確信しています。だから仁丹の探索は、先に出発した人も、今出発した人も、ゴールのない同じ旅への出発なのです。誰もが完成し得ない自分自身の旅だと思っています。
 したがって、初心者も達人も関係なく、みんなの知恵で仁丹の謎解きをしつつ京都を楽しみましょう。素朴な疑問や基本的な質問も大歓迎です。そこから新たな発見が生まれるかもしれません。
 ぜひ、当ブログへお越しください。


  


Posted by 京都仁丹樂會 at 07:12Comments(30)「京都仁丹樂會」について