京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2012年07月07日

越せない先人の技 仁丹町名表示板

そのほとんどがおよそ85歳という、京都の琺瑯製仁丹町名表示板。
ほんのごく一部の個体を除けば、そこに記載された文字は今でも何の不自由もなく自然に読み取ることができます。町名表示板としてはバリバリの現役生というわけです。

そして、それを倣ってその後たくさん登場しました。八瀬かまぶろ温泉、雲龍、アリナミン、NEC、ナショナル、フジイダイマル、郵便局、ロータリークラブ、ライオンズクラブなどなど、まちを歩けば新旧様々なものを見出すことができます。

しかしながら、現在も使用に耐えられるものと言えば、最近に設置されたものだけのようです。

先ずは下の写真をご覧ください。聖護院で見つけたローソンの表示板です。


いつ設置されたものかは知りませんが、ローソンの誕生自体が昭和50年ですから、それ以降です。プラスチック製で、完全に退色しているため、住所表示としては全く機能していません。

次に、金属製も琺瑯引きでないとこのようになります。耐久力に歴然たる差を見せつけています。


和菓子の老舗亀屋良長さんが本社ビルに設置しておられる「下京區醒ヶ井通四條上ル藤西町」は、京都で一番大切にされている現役仁丹町名表示板でしょうが、自社が制作なさった金属製の表示板も一緒に並べておられます。


仁丹のは下京区、自社製のは中京区の標示です。言うまでもなく後者が新しいわけですが、いかに琺瑯仁丹が耐久性に優れているかも訴えているようです。恐るべき仁丹、恐るべき先人の技。

では、なぜ、仁丹に続くその後の町名表示板は単なる金属製やプラスチック製だったのでしょうか。それは当然、コストの問題だったのでしょう。そして、裏を返せば森下仁丹はコストがかかってでも斑榔製にこだわったことを意味します。
基礎講座 六.設置時期 ⑬まとめ」でもご紹介したように“仁丹は後退せんのや、前進あるのみや”という森下博の熱き思いが具現されたのでしょう。その結果、80有余年もの永きにわたり、風雨にさらされながらも、かくも健在でいられる仁丹町名表示板となったわけです。


ところで、昨年から今年にかけて復活した平成バージョン。
その輝く美しさには申し分はないのですが、耐久性となると早くも疑問符が付いてしまいました。復活第1号となった市役所の個体は大丈夫なのですが、その他のものに記載文字の脆弱さが顕著に表れています。これでは“今後100年”なんて言えません。
何か先人のノウハウが抜けているのでしょうね。



また記載された文字も全体に繊細で草食系といった印象で、白い余白が目立ち過ぎます。オリジナルのように、キャンバスいっぱいに堂々と書き込む力強さが、残念ながら感じられません。毎日毎日、同じことをしていたであろう80年以上前の職人さんと比較するのは非常に酷な話であり、また言うのは簡単、実際に書けば非常に難しいであろうことは重々承知なのですが、やはりオリジナルと比較するとその差は明白だと言わざるを得ません。

ということで、ハード面もソフト面も先人の技はまだ取り返していないようです。
また同時に先人の技の素晴らしさを再認識させられました。
当時のノウハウが解明できれば、“今後100年”’が現実のものになるでしょうね。



同じカテゴリー(現況報告)の記事画像
埋蔵仁丹
平成の復活・仁丹町名表示板 「船鉾町」
同じカテゴリー(現況報告)の記事
 埋蔵仁丹 (2011-11-15 20:30)
 平成の復活・仁丹町名表示板 「船鉾町」 (2011-05-01 06:47)

Posted by 京都仁丹樂會 at 18:27│Comments(1)現況報告
この記事へのコメント
仁丹町名看板を実物とほぼ同じ比率で大きさはかなり小さめですが、どれだけ難しいのか確かめてみようと作ってみたことがあります。
作ってみて思ったことは、文字のバランスや文字の大きさがバラバラで実物のようにはできませんでした。文字数が多ければ多いほどバランスをとることが難しくなり、昔の書き手の方がいかに上手であったかということを実感しました。
私自身、絵を描くこともあまり得意ではありませんのでビスマルクさんも変な形になってしまい、自分でも到底うまいとは言えるものではありませんでした。
Posted by まっちゃ at 2012年11月15日 12:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。