京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2013年02月21日

東山線通の謎 1/3 ~仁丹町名表示板に見る近代史~

東山通 と 東山線通 と 東大路通





この仁丹町名表示板、現存はしていますが下半分がないというかなり状態の悪いものです。
それでも、とても貴重な仁丹なのです。
と言うのは、2本目の通り名がかろうじて『東山線』と読めるからなのです。

再現すると、
 上京区 孫橋通東山線東入 南門前町
となります。

次の2枚の仁丹もご覧ください。
すでに消滅していますが、20年ほど前に滋ちゃんが撮影したものです。



 上京区 東山線通仁王門上ル 北門前町
 上京区 東山線通仁王門下ル 東門前町

いかがでしょう、しっかりと『東山線通』と書かれています。
「東山通」ではなく、『東山線通』なのです。

頑なに公称表示に忠実な仁丹のこと、「東山線通」と言っていた時期があったのでしょうか?
もし、通称であれば、仁丹町名表示板のルールに従えば、

 上京区 東山通仁王門上ル

などと、「線」が小さな文字で書かれるはずなのです。


というわけで、今回のテーマは、この「東山線通」です。
仁丹町名表示板 「設置時期」 ④ヨンヨンイチの検証 道路編」でも少し触れましたが、やはり不思議なので、さらに食い下がってみました。
長くなったので3回に分けましたが、結局のところ明確な結論は出ませんでしたので予めご了承ください。単に謎解きに挑戦したというお話しだけになってしまいました。

※  ※  ※


さて、これらA~Cが設置されていた詳細なポイントは次の地図で示すとおりです。

~京都市都市開発室 昭和38年測図 「岡崎」「三条大橋」をベースに加工~


そして、当時と現在を定点撮影風に並べたのが次のものです。
B地点では家が建て替わり、C地点はコインパーキングになっています。






このように「東山線通」なる仁丹が確認できたのは、今のところ東山三条から二条通までのわずか500mという限られたエリアでのことなのです。

~東大路通 満足稲荷神社前より南方を望む~


この南北の通りは、現在は正式には「東大路通」と言いますが、昭和3年5月24日の京都市告示までは「東山通」と呼ばれていました。
東山通と名付けられたのは市電東山線が開通した大正2年であると、いくつかの資料では説明されているものの、まだ一次資料である告示を見つけることができないでいます。ここはやはりきっちりと押させておきたいところです。

ところで、東大路通と命名されて、もうかれこれ85年も経つのですが、未だに東山通と言う人は結構おられます。市バスのにしても”東山通〇〇行”なる表示があったり、バス停も「東山三条」であり、東山通の名称は今もしっかりと根付いていると言えます。

~東大路通と仁王門通との交差点~


仁丹町名表示板も東山通と表記されているのならば何も不思議に思わなかったのですが、「東山線通」だから気になってしまうわけです。

※  ※  ※


では、他のエリアでは仁丹町名表示板はどのように表現していたのでしょうか?
先ずはすぐ北側です。次のような仁丹があります。



いずれも東山通ではなく、東大路通が使用されています。
次に、東山三条を下がって南方面はどうでしょうか。



ここでも東大路通ですね。
これらは東大路通が使用されている仁丹のほんの一例に過ぎず、実は確認できただけでも少なくとも25枚あるのです。

なのに、「東山通」なる仁丹は今のところ1枚も発見できていません。
大正2年に告示されたとするならば、東大路通に変わるまで15年はありました。
そんな中で3枚のみの「東山線通」、しかも商標が上タイプ。
誠に不思議な話です。

ただし、琺瑯仁丹に限ってのことであり、もしかしたらまだ見ぬ木製仁丹は「東山通」を使用していたのかもしれません。興味津々です。

~つづく~

京都仁丹樂會 滋ちゃん・shimo-chan



同じカテゴリー(仁丹に見る近代史)の記事画像
仁丹樂會 大人の遠足(現地調査)その1 仁丹第二工場編(3)
仁丹樂會大人の遠足(現地調査)その1 仁丹第二工場編(2)~ 工場跡周辺を訪ねる
仁丹樂會、大人の遠足(現地調査)その1 仁丹第二工場編(1)
旧大宮通 探索記 その3
旧大宮通 探索記 その2
旧大宮通 探索記 その1
同じカテゴリー(仁丹に見る近代史)の記事
 仁丹樂會 大人の遠足(現地調査)その1 仁丹第二工場編(3) (2017-06-24 15:56)
 仁丹樂會大人の遠足(現地調査)その1 仁丹第二工場編(2)~ 工場跡周辺を訪ねる (2017-06-15 00:37)
 仁丹樂會、大人の遠足(現地調査)その1 仁丹第二工場編(1) (2017-06-05 00:44)
 旧大宮通 探索記 その3 (2015-09-29 08:28)
 旧大宮通 探索記 その2 (2015-09-16 22:47)
 旧大宮通 探索記 その1 (2015-09-10 07:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。