京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2013年06月01日

もうひとつの仁丹ベース町名表示板

仁丹町名表示板をベースにして生まれた新たな町名表示板、第2弾です。

前回の実相院町は、長さを調節するために商標部分を単にカットしたという、言わば改造程度のものでした。
今回の中出水町は、それに比べたらまさに”改変”と言えるでしょう。

これ ↓ です。



一見、仁丹に見えますが、商標がありまあせん。
代わりに火の用心と記され、消防分団の名称が書かれています。

最初は仁丹の亜流かと思っていましたが、よく似たデザイン、そして塗りたくられたペンキが何とも気になります。

そこで比較のために並べてみました。



真ん中が今回話題の中出水町、左が同じ中出水町の仁丹で「出水通」なる表記が共通です。
そして右が、「烏丸西入」なる表記が共通する仁丹です。

いかがでしょう?
書体が似過ぎている、と言うより同じと言った方がよいほどです。
西入の「西」の書体が真ん中と右では違っていますが、そもそも仁丹町名表示板ではこれらの「西」は混在しているのです。

要するに仁丹の商標があるかないかの違いみたいに見えます。

と、不思議に思って商標の部分に顔をぐっと近づけると、「あっ!」となるのです。
仁丹の商標、すなわち髭のおじさんがペンキの隙間から覗いているのでした。



隙間から見えているのは、次の写真 ↓ の黄色で囲んだ部分なのです。



さらに写真からは分かりづらいのですが、「仁」と「丹」なる文字の凹凸部が薄っすらと確認することもできました。


と言うことで、以上のとおり、この中出水町の町名表示板はまさしく仁丹町名表示板をベースにして造られた新たな町名表示板なのでありました。

それにしても、なぜここまで手の込んだことを、と思ってしまいます。

~京都仁丹樂會 shimo-chan~



同じカテゴリー(トピックニュース)の記事画像
街で人々の下駄の音を聞くことができなくなって久しい
大正イマジュリィ学会での報告
水谷憲司さんの撮影データ
南観音山の「百足屋町」復活!
お正月です。いろはカルタでご報告
仁丹樂會の活動紹介が『大阪春秋』に掲載!
同じカテゴリー(トピックニュース)の記事
 街で人々の下駄の音を聞くことができなくなって久しい (2017-05-19 03:15)
 大正イマジュリィ学会での報告 (2017-03-16 04:50)
 水谷憲司さんの撮影データ (2016-09-04 16:01)
 南観音山の「百足屋町」復活! (2016-07-21 23:25)
 お正月です。いろはカルタでご報告 (2016-01-23 00:14)
 仁丹樂會の活動紹介が『大阪春秋』に掲載! (2015-07-21 01:17)

この記事へのコメント
今、ヤフオクに「下京區鍵屋町通諏訪町西入鍵屋町」が出ていますね。
文化財的意義に理解ある人の手に落ちるといいですね。
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k166590413
Posted by 夏目ソージキ at 2013年06月07日 20:25
夏目ソージキさま

>文化財的意義に理解ある人の手に落ちるといいですね。

それは、ムリです。この入札している人はコレクターですので。
表示板が出品されると、毎回入札しておられます。
で、ここ数回は落札しておられます。
ちなみに、ここ数回は入札されているのが1人だけなんですが。
Posted by デナ櫻 at 2013年06月08日 12:46
夏目ソージキさん、情報ありがとうございます。

「下京區鍵屋町通諏訪町西入鍵屋町」ですか。
下京区尚徳学区の鍵屋町としては3枚目の確認となりました。

今まで確認できていたものは
  諏訪町通鍵屋町上ル

  諏訪町通鍵屋町下ル
でした。

そして今回、東西の西入と言うわけですね。
地図を見れば、こうなると東入も当然存在したと考えられます。

ところで、
>文化財的意義に理解ある人の手に落ちるといいですね
とのことですが、実はそのような例もありまして、当会へ元の場所へ設置して欲しいという依頼が来ています。

設置場所のお家へもお願いに伺い、近日中に実現しそうです。

町名表示板は、現地にあってこそ価値が出るということです。
Posted by shimo-chan at 2013年06月09日 09:46
>当会へ元の場所へ設置して欲しいという依頼が来ています。
>設置場所のお家へもお願いに伺い、近日中に実現しそうです。

期待しています。
Posted by 夏目ソージキ at 2013年06月10日 10:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。