京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2014年12月27日

上七軒「真盛町」盗まれる!

盛り上がりを見せる研究成果展の裏で、実にショッキングなニュースが入ってきました。
あの上七軒の「真盛町」が少なくとも2014年12月25日に盗まれました!

これです。上七軒を歩いた仁丹ファンの方なら、どなたもご存知かと思います。



90年近くもこの地で上七軒を見守ってきた仁丹、その本日現在の姿がこれです。



なんとしたことでしょう。なんとヒドイことをするのでしょう。盗られた傷跡が痛々しいです。

この仁丹町名表示板の住所表示は、
上京区今出川通七本松西入真盛町
です。
ここで言う“今出川通”は現在バス(かつては市電)が通っている今出川通ができる前の旧今出川通、つまりは上七軒通のことを言っています。
したがって、京都の近代史を語る生き証人としても貴重な仁丹でした。ですから、研究成果展でもテーマのひとつとしてパネルを起こしているほどなのです。

※     ※     ※


この角度からの眺めが好きでした。



なのに、それが、こんな光景に・・・



仁丹が設置されていたこの町家、実は、がま口で有名な『まつひろ商店』さんの上七軒店なのです。ネットによれば同店の住所表示も
上京区今出川通七本松西入真盛町
とあり、盗まれた仁丹町名表示板と全く同じです。
こうなると、まさにお店の看板が盗まれたかのような気持ちになりますね。

※     ※     ※

町家のかつての、といっても、ほんの2,3日前まではこのような全景でした。



真壁、簾、一文字瓦、鍾馗さん、格子窓、暖簾、提灯、そして仁丹。これらすべてによって醸し出される雰囲気がこの町家の魅力なのです。どれひとつ欠けてもいけません。
したがって、今回の仁丹の盗難は意匠性への侵害でもあります。単なる広告看板をちょっと失敬しただけでは済まされないのです。

また、「上京北野界わい景観整備地区」にも指定されている、上七軒通全体の景観にも影響を与えたとも言えるでしょう。





昨年、私たちは、「平成25年度 京都景観賞 屋外広告物部門」に京都市内の仁丹町名表示板を一括推薦し、その価値が認められ森下仁丹株式会社とともに「特別表彰」を受けました。つまりは、仁丹町名表示板は歴史ある京都の景観に寄与していることが行政により認められたのです。今回の盗難はたった1枚かもしれません。でも、それは京都の景観にも影響を与え、さらには京都市民を敵に回す行為となるのです。果たして、ここまで考えての行為なのでしょうか?

持ち主の方も非常に残念がっておられ、このようなことが二度と起こらないようにと、警察に盗難届 を出されました。
もし、少しでも心ある人なら、
元の場所に(そっとでもいいし)返しに来てください。お願いします。

仁丹町名表示板は、コレクションアイテムとなり得るような単なる琺瑯看板ではありません。住所の表示板です。あるべき場所にあってこそ価値が維持できるのです。あるべき場所から離れた瞬間、もう価値はなくなるのです。

もし、ネットオークションや骨董店で見かけても、元々は「盗難品」であることを認識しなければなりません。

~京都仁丹樂會~



タグ :盗難真盛町

同じカテゴリー(トピックニュース)の記事画像
街で人々の下駄の音を聞くことができなくなって久しい
大正イマジュリィ学会での報告
水谷憲司さんの撮影データ
南観音山の「百足屋町」復活!
お正月です。いろはカルタでご報告
仁丹樂會の活動紹介が『大阪春秋』に掲載!
同じカテゴリー(トピックニュース)の記事
 街で人々の下駄の音を聞くことができなくなって久しい (2017-05-19 03:15)
 大正イマジュリィ学会での報告 (2017-03-16 04:50)
 水谷憲司さんの撮影データ (2016-09-04 16:01)
 南観音山の「百足屋町」復活! (2016-07-21 23:25)
 お正月です。いろはカルタでご報告 (2016-01-23 00:14)
 仁丹樂會の活動紹介が『大阪春秋』に掲載! (2015-07-21 01:17)

この記事へのコメント
実は、同一のエリアにおいて、他にも3枚の仁丹が無くなっていることが分かりました。
真盛町も入れて、同一時期、同一エリアで一度に4枚の仁丹町名表示板が消滅しています。

建物はそのままなのに、仁丹だけが忽然と姿を消し、その跡形だけがくっきりと残っています。まだ盗難かどうかを確認していませんが、そのうちの1枚は今回の真盛町と全く同じく、店舗の顔を成していたものです。

昨年の「花開院町」の盗難も同じ時期でしたね。年末のどさくさに紛れてのことなのでしょうか?

思うに、「山名町」といい、京都らしい町名、歴史的に由緒ある町名が狙われている傾向が大です。

京都の人たちの心を踏み躙るような、このような心無い行為を止める方法は、果たしてあるものなのでしょうか?
Posted by 京都仁丹樂會京都仁丹樂會 at 2014年12月30日 16:56
残念ですが防犯カメラの設置で犯人を捕まえる事が
一番の予防になるかと思います。
世知辛い世の中ですが…
Posted by 通りすがり at 2015年01月05日 12:46
自分だけが楽しめればいい。自分だけの物にしたい。
悪いマニアの典型ですね。非常に残念です
Posted by 通りすがり at 2015年01月05日 13:42
今回盗難にった看板とは違いますが、鹿ヶ谷の住所が記載された仁丹看板がオークションに出品されています。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b167718525
Posted by キティ川 at 2015年01月06日 12:15
キティ川さん、情報ありがとうございます。
鹿ヶ谷のは建物の解体にともなって流出したもののようです。残念ですが、どうすることも出来ないようです。
Posted by shimo-chan at 2015年01月06日 16:59
なんて酷いことを…
ネットで探してみます。
Posted by なる at 2015年01月14日 18:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。