京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2014年12月30日

研究成果展 ご来場、ありがとうございました!



京都仁丹樂會の初めての研究成果展、年末のお忙しい中、多くの方々に来ていただき、誠にありがとうございました。

1週間で終わるのは惜しい気もしましたが、とりあえずは成功裏に終えることができ、ホッとしております。

来場者の多くは京都市内からお越しでしたが、中には西東京市、千葉市、藤沢市、志摩市、名古屋市、東大阪市、大阪市、貝塚市、豊中市、茨木市、枚方市、近江八幡市、甲賀市などの遠方からもお越しいただき非常に感激しております。京都観光も兼ねておられたのかもしれませんが、貴重な時間を当展示会に充てていただいたこと、感謝に堪えません。

いずれの方々も、展示パネルを熱心に読み耽っていただけました。2時間近くもじっくりとご覧いただいた方もおられるほどでした。
また、いくつかの情報も寄せられ、新たに埋蔵仁丹が2枚見つかりました。






展示パネルは、こんな ↓ 感じのものを38枚準備しました。



内容のほとんどはブログで発表済みのものでしたが、改めてパネル1枚にコンパクトにまとめ上げる作業はいささか難しいものがありました。文字が多いと読みづらい、図表だけでは説明できないと、1枚1枚そのバランスに苦慮しました。

思えば、展示会をやろうという提案があったのは昨年の夏のことでした。当初は、展示会の最終日にゲストを迎えての講演会も企画していたほどでしたが、本職を抱えての準備は遅々として進まず、結局はシンプルに展示会のみとなりました。それでも、1年間、本来の研究活動はストップ状態となり、ひたすら発表会の準備に追われる結果となりました。たった38枚のパネルでしたが、それでも会員みんなの努力の賜物だったのです。趣味は本来楽しいはずなのですが、楽しいことだけをやっていては何の形にもできなかったでしょう。生みの苦しみの末の、今回の研究成果展でした。

さて、来年は新たに活動方針を練り直し、第2段階へとステップアップしていきたいと考えています。それでは新年もよろしくお願いします!

~京都仁丹樂會一同~



同じカテゴリー(トピックニュース)の記事画像
街で人々の下駄の音を聞くことができなくなって久しい
大正イマジュリィ学会での報告
水谷憲司さんの撮影データ
南観音山の「百足屋町」復活!
お正月です。いろはカルタでご報告
仁丹樂會の活動紹介が『大阪春秋』に掲載!
同じカテゴリー(トピックニュース)の記事
 街で人々の下駄の音を聞くことができなくなって久しい (2017-05-19 03:15)
 大正イマジュリィ学会での報告 (2017-03-16 04:50)
 水谷憲司さんの撮影データ (2016-09-04 16:01)
 南観音山の「百足屋町」復活! (2016-07-21 23:25)
 お正月です。いろはカルタでご報告 (2016-01-23 00:14)
 仁丹樂會の活動紹介が『大阪春秋』に掲載! (2015-07-21 01:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。